選ばれる理由

  • HOME > 
  • 選ばれる理由

理由1 最新設備と“人”の力

どんなにメンテナンスしていても古い設備では最新設備の能力を上回ることは出来ません。どんなに最新設備を導入しても腕の良い職人が居なければ高品質な製品は作れません。 「最新設備と人財」この2つは間違いなく当社を支える両輪となっており、最新設備を積極的に導入するだけでなく、それを動かす人財の育成に力を入れております。

理由1 最新設備と“人”の力

理由2 自社開発の金型

射出成形での金型の重要性は非常に高く、「金型で成形の9割は決まる。」と言われるほどです。金型を外注に頼っているメーカーも多い中、当社は金型の重要性に早くから着目し30年以上に渡って金型技術を磨いてきました。
金型の修理やメンテナンス技術も高く、量産中の不足のトラブル時にも素早い対応が可能となっており、品質、コスト、納期に大きく貢献しています。

理由2 自社開発の金型

理由3 高品質安定生産

「射出成形品は生き物である」とよく言われるほど、安定生産が難しい場合があります。当社では、不安定要素を計測し排除するため、型内圧力センサー設備、画像検査判定設備、絶乾エアー供給設備等の最新設備を導入し、高品質安定生産を実現しています。

理由3 高品質安定生産

理由4 70年の歴史で培った技術力

当社は製造業として創業して以来、様々な生産技術を開発、駆使して顧客満足度を高めてまいりました。 これからも代々受け継いだ技術に満足せず、更なる技術向上を目指してまいります。

理由4 70年の歴史で培った技術力

技術01 樹脂乾燥機について
弊社の樹脂乾燥機は全て真空乾燥機を使用しております。これは内部を高度の真空状態に保って加熱を行うもので、比較的低温度のもとに、ごく微量の水分でも充分排出することが出来ます。また外界と遮断して加熱するため、被加熱物の酸化を防ぐことが出来るなどの利点があります。
技術02 樹脂供給経路のスケルトン化
樹脂供給する上で乾燥機から成形機へ送る際に、透明のホースを用いて供給の確認が容易に可能なようになっています。また成形機での樹脂供給ホッパ部分にも透明な部分を設けて樹脂の充填を確認できるようになっております。
技術03 自動ラックでの樹脂材料の保管
樹脂材料は社内に自動ラックを設備しそこへ保管を行います。そのため適正な状態での樹脂の保管が可能となっております。
技術04 電動成形機の導入
弊社では新型成形機への大幅な変更を実施してきました。従来の油圧コントロールの成形機から電力にてコントロールするものに変更を行い、そのため正確で安定した成形条件の管理が可能です。またLANにて集中管理を行い、専用サーバからの成形条件の設定・確認も容易・正確に行うことが可能です。
技術05 試作時の成形機について
試作時に使用する成形機は量産時のものを使用しているため、試作時の作り込みが量産時に反映される形となっています。
技術06 小型成形機の導入
5tクラスの小型機を導入しています。小さい部品成形との相性がよく、コストを抑えられ、品質の安定も期待できます。
技術07 自動検査機・自動梱包機の導入
特定の小物成形部品において画像による自動外観検査機を導入しています。これにより、人員コストの削減と検査ミス(見逃し)を軽減できます。また、自動梱包機との連動により、さらなる品質向上とコスト削減をすることが可能になります。
技術08 型内圧力センサーによる品質向上
金型内部に圧力センサーを設置する事により、目視出来ない金型内で樹脂の動きを確認する事ができます。これにより様々な成形不良を防止することが可能です。
  • 新着情報
  • 地域社会のために
  • アクセスマップ

pagetop